静夜思 ジュウショウ気分
プロフィール

ZAKI

Author:ZAKI

FC2カウンター

ジュウショウ気分

2010-12-04

 2週間ほど前から、娘にとって憂鬱な、半年に一度のパンツdayに突入した。

 ということで、ここ最近、ただでさえムチムチしたおしりを紙パンツでモコモコさせながら歩いていたのだが、2日ほど前の朝、家族がトイレを済ませた娘にパンツをはかせようと後ろ足をあげたところ、「キャンッ!」という悲鳴をあげたという。
 娘は腰があまり丈夫ではないので、まさか腰がどうかしてしまったのでは!?と心配になりつつ出勤し、医者に連れて行って検査でもしたほうがいいのだろうか、などと考えながら仕事を終えて帰宅すると、その不安をさらに煽るかのように、腰に包帯と腹巻きを巻いた娘が「おかえり~」と出迎えに現れた。

 や、やはり腰がどうかしてしまったのか!!

と慌てたのも束の間。家族の説明を聞いてホッと胸を撫で下ろした。
 いや、腰にそういったものを巻くからにはそれなりの理由があったわけなので、あまりよかったとも言っていられないのだが、なんにせよ、腰を悪くしたわけではなかったという点でひとまず安堵したのである。

 何があったのか、というと、どうもはいていたパンツのゴムの部分が擦れて、毛の薄いお腹の部分がかぶれた結果、その傷口がどんどん悪化して腹の幅いっぱいにぱっくり開いてしまうほどの怪我になっていたらしいのだ。
 娘も7歳というお年頃。皮膚がだいぶ弱くなっていたようだ。
 こちらはそんなこととはつゆ知らず、半年前に何事もなくパンツ・シーズンを乗り切っていたのでいつもと同じ調子ではかせていたのだが、気づいてやれないうちに娘は痛みがひどくなっていくのをひたすら我慢していたらしい。

 パンツをはかせようとして「キャンッ!」と悲鳴をあげたのは、腰が痛かったわけではなく、どうも足を上げさせた時に傷口がさらに開いてしまい、それが痛くて鳴いたらしいのだ。
 家族がそのことに気づいたのはその日の夕方のことで、洗濯物を取り込もうと2階に上がったところ、パンツを脱いだ娘が自分の布団の上で蹲るようにして寝ていたため、
 「あら、パンツ脱いじゃったの?」
と声をかけると、『パンツ』と聞いた途端に娘がキッと睨み上げて「ウ~、ワンワンワンワンッッッ!!!」とものすごい剣幕で怒ったので、驚いて見たところ、今までパンツで隠れていた腹のあたりが血だらけになっており、そこではじめて怪我をしていることに気がついた、という次第であった。

 「ちょっと見せて」と近づく家族に、またパンツをはかされると警戒した娘は、「アタチはパンチュは嫌いなの~~~っっっ!!」と怒りまくって最初なかなか傷口を見せようとしなかったらしいのだが、「わかったわかった。もうパンツをはくのはやめましょう」と、娘の見ている前でパンツをしまうと、はじめて「あ、ホントにもうはかなくていいんだ」と納得したらしく、怒るのをやめて素直にお腹を見せたそうである。
 どうもパンツの着脱がイヤで、トイレもギリギリまで我慢していたらしく、パンツをはかなくてよくなった途端に慌ててトイレにすっ飛んでいき、まとめて用を足したのだとか。

 気づいてやれずに随分ひどくなるまで我慢をさせてしまったこちらとしては、本当に可哀想なことをしてしまったと、反省しきりである。
 まだ2週間ほどはパンツが必要なのだが、汚れたらその都度家は掃除すればいい、ということで、娘はついにパンツから解放された。
 娘が痛いことに比べれば、そのぐらいたいしたことではない。

 で、現在はパンツの代わりに腹回りに包帯と腹巻きを巻いている。
 傷口にたっぷり薬を塗って、舐めてしまわないようにグルグル巻きにしているのである。

 パンツをはかなくてよくなった娘は、「お薬塗るからおいで」というと、素直にやってきて、ベロンと腹を出して横になる。しかし、傷口に触られるのが怖いのか、薬を塗る間中も自分も一緒になって不安そうにじっと顔を近づけて見守っている。
 そして、終わると同時にホッとした表情になってエヘッと笑い、晴れ晴れとした顔で起き上がって「イイコだったね~」と褒められ、嬉しそうにしている。

 本来であれば、そろそろ入浴なのだが、怪我が治るまでしばしのおあずけ。

 スマン、娘よ。
 今後はもっとちゃんと細かい部分まで気遣ってやれるよう気をつけよう。

 ということで、記事タイトルはお年頃な娘のために杏里にあやかってみた次第。

          101202_2053~01
               アタチは重傷患者なのよっ!


   《オマケ》 前記事『朝焼け』の数日後に、さらにキレイに撮れた日の出ショット

              101202_0644~01



             ≪『朝焼け』へ      『バトン第二弾』へ≫


関連記事

ワンコ記事 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://seiyashi239.blog99.fc2.com/tb.php/462-6137d659

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【総合】ペット

2010-12-04 とらばなう

ペットの記事を書いているブログのトラックバックを受付中です

ホーム

自作小説公開先

-完結済み-
 『闇狩り人』シリーズ(伝奇)
  ・横書き版(小説家になろう)
  ・縦書き版(novelabo)
 『地上に眠る蒼穹
   ~Celeste blue~』
(SF)
  ・カクヨム版
  ・小説家になろう版
  スピンオフ
   『金の鳥 銀の鳥』
 『神の棲む島』(ファンタジー)
  ・横書き版(小説家になろう)
  ・縦書き版(novelabo)
 『夢一夜~幽明に咲く花~』
       (ファンタジー)

-有料-(490円)
 『白き幻影のエッダ』(note)
人体に寄生して萌芽し、人の理性を狂わせる世界樹の《種子》は、人類社会に混沌と暴虐をもたらした。
特殊能力者《エインヘリャル》として《種子》を処理する任に当たる比嘉双樹は、ある日、ひとりの少女と出逢う。
『澪』と『美雨』。
ふたつの人格を併せ持つ、不可思議な少女の正体、そして白銀の幻影が地上に姿を現した真の意味とは――
    (長編SFファンタジー)  

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ペットブログランキング