静夜思 赤ちゃん返り?
プロフィール

ZAKI

Author:ZAKI

FC2カウンター

赤ちゃん返り?

2013-04-14

 ここしばらく、娘の腹具合がよろしくない状態がつづいていた。
 ちょっとよくなっては下し、少しいいかと思うとまたビリビリ。あるいは下痢ピーまではいかなくとも、あきらかに通常よりゆるめだったり。。。

 何かあってからでは遅いので、この冬のにゃんこ騒動の際に異常なしと診断されたが、ふたたび検査をしてもらうことにした。
 私は仕事があって行けないため、家族に頼んで行ってきてもらったのだが、結果はやはり、『病的要素はどこにもなし!』とのこと。そして直後に獣医さんは高々とのたまったそうな。

 いやぁ、じつに珍しいなぁ。普通ならあり得ないはずなんだけどなぁ!
 
 なにがどう『珍しく』、『普通ならあり得ないこと』だったのかというと、娘の症状は、本来仔犬に起こりやすい現象で、成犬では『まずない』ことなのだとか。
 その道30年以上という大ベテランの先生でも、はじめてだったとか。

 症状の原因は心因性のもの。

 なにが原因かというと、じつはこの春に私がちょっくら職変えなんぞをしたのである。
 元の仕事もなんら問題はなく、順調は順調だったのだが、まあ、そこは人生なにがあるかわからない。
 いくつかの要因が重なった結果、転機を迎えることになり、今月1日からフレッシュな気分でフレッシュな環境の中、フレッシュな仕事に従事しているわけなのだが、そこはそれ、前職と今の仕事がはじまるまでのあいだには、これまたちょっくらインターバルなんぞもあったわけで、娘はどうも、『私が仕事に行かない日』が嬉しくて嬉しくて、さらにはこの先もずっとそれが続くものと思っていたらしい。

 宝くじの一等でも当たれば、そのような優雅なご隠居生活もやぶさかではないが、こちとら生活費も娘のご飯代も稼がなきゃならない庶民中のド庶民である。
 定年退職まで遙か彼方先の未来ともなれば、この就職氷河期と呼ばれる時代に必死こいて就活したわけでもないのに快く採用してもらった以上、頑張って働くしかない。

 ということで、しばしの春休みを謳歌してふたたび社会に舞い戻ったわけなのだが、これが娘にはイタくショックな出来事だったらしいのだ。


 「仕事が始まる1週間ぐらいまえから、お腹の調子が悪くなり始めませんでしたか?」

と獣医さんに訊かれたそうで、まさに「おや?」と思い始めた時期がその頃であったため、家族が「そうです、そうです」と応じると、獣医さんはさらに、

 「そばにいるところで、仕事の話なんかしてたんじゃないですか?」

と訊かれ、それもなんとなく心当たりがあるような、ないような。。。
 というか、全然そこまでは意識していなかったというのが正直なところである。


 「聞いてないようでちゃんと人の話を聞いてるし、わかってないようで意外といろんなことを理解できるんですよ。
 こういうコは特に言葉の理解力も深いし、勘も異常に鋭いから、話してる内容とか気配で、そういうことがわかっちゃうんですよね~」


 つまり、娘は「主はまたお仕事に行っちゃうんだ……」と思い悩んでそのストレスがお腹に出、実際に仕事が始まってしまうと「やっぱりお仕事に行き始めちゃった……」と、さらにストレスを溜めて下痢ピーになり、週半ば過ぎになんとなく諦めかけてちょっと症状がやわらいだところに週末がやってきて嬉しくなり、しかしふたたび月曜は無情にやってきてテンションがた落ちになり、またしても下痢ピー、という負のスパイラルに陥っていたらしい。

 私もそれなりに予定や都合や雑務があったので、休みのあいだもずっと家にいたわけではないし、家にいたとしても、日中は大抵、自室であれこれ雑用をこなしていて風呂場で寛いでいる娘をかまっていたわけではないのだが、家の中に私の気配があるというだけで娘は満足し、安心していたのだとか。


 こういうコも珍しいもんだ。長年いろんなコ診てきて、こんなのははじめてだなぁ。普通は大人になったら落ち着くはずなんだけどなぁと獣医さんにはとにかく大笑いされる始末だったそうで、

 「ひょっとして、赤ちゃん返りしちゃったかな?」

とも。
 しかし、私や家族が知るかぎり、娘はずっと『こんな感じ』である。
 家族がそう答えると、獣医さんは、

 「あれ!? もしかして赤ちゃんのままおっきくなっちゃったのかな!? それは困ったねぇ!」

と、ますます爆笑されたそうな(-"-;A
 そして娘に処方されたのは、ストレスを過剰に抱えこまないよう、心を落ち着かせる薬。


 う~む……。
 我が娘ながら、じつに強烈な個性の持ち主なのであった。。。
 (コラそこ~! 『犬は飼い主に』とか笑いを噛み殺して言わないっ!!)

         P1010542.jpg
         「赤ちゃんじゃないわ。純粋なアタチは『永遠の少女』なだけよ!」


          ≪『そして散歩の後は……』へ    『乙女な休日』へ≫
関連記事

ワンコ記事 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

無題

2013-04-15 A [URL]

どっかの誰かと一緒ですわっ
でも、友達のシェパも心的要因ですぐ下痢してるよ~
結構多いんとちゃうかなぁ?
後、カイカイしたり、足舐めしたり
他犬種でもよく聞くよ

ほんと、うっかりした事は言えませんなっ

ZAKIさんも娘さんも
早く環境に慣れることを祈るっ(笑)

編集

Re: やっぱり誰かさんも…(笑)

2013-04-15 ZAKI [URL]

どこのうちも、可愛い可愛いで大事にされてる証拠でしょうなぁ(笑)
でも、やっぱりこういう原因で下痢になるってありますよね?
なんだろうなぁ、娘の場合、検便のときのデータに『仔犬』要素が満載だったんすかね?( ̄▽ ̄;)
とにかく、うちでかかってる獣医さんは娘のような症例ははじめてだったんだそうです。

> 後、カイカイしたり、足舐めしたり

そうそう、これもありますよね。
以前、私の手術(5泊6日の簡単なヤツ)と家の外装工事が続いてしまって、3ヶ月近く訓練所に預けたままになってしまったときに、尻尾の毛をむしってしまったことがありました。
あれは可哀想なことをしちゃったなぁと、後悔しました。

しかし、ほんと迂闊なことは言えない。
Aさんも気をつけたほうがいいですよ~。
ジェシーさんと坊ちゃんで、こっそり犬語で相談し合ってるかも( ̄∀ ̄*)ニヤり☆

はい! 娘ともども頑張ります!

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://seiyashi239.blog99.fc2.com/tb.php/622-f88a66a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

自作小説公開先

-完結済み-
 『地上に眠る蒼穹
   ~Celeste blue~』
(SF)
  ・カクヨム版
  ・小説家になろう版
  スピンオフ
   『金の鳥 銀の鳥』
 『神の棲む島』(ファンタジー)
  ・横書き版(小説家になろう)
  ・縦書き版(novelabo)
 『夢一夜~幽明に咲く花~』
       (ファンタジー)
 『異空の盟約 うつし世の誓い』
       (ファンタジー)
 『ショコラ・ノワール』(恋愛)

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ペットブログランキング