静夜思 不思議な夢
プロフィール

ZAKI

Author:ZAKI

FC2カウンター

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

不思議な夢

2014-09-14

先週はなぜかひたすら眠く、日々、通常の就寝時間より1~2時間ほど早く休む1週間となった。
とにかく眠いので、横になるとあっという間に夢の中。
そして気づけば朝。
の繰り返し。
そんな中、不思議な夢を見た。

屋外にいた私は、ふと、どこかの家の玄関先にいた白い毛並みの猫と目が合った。
全体的に白いのだが、頭部から耳に書けては焦げ茶だったと記憶している。
その猫と目が合った途端、なぜか言い知れぬ愛しさがこみあげてきて、私は思わず屈み込んで、その猫に向かって両手をひろげていた。そして猫は、表情豊かに歓びを表すと、一目散に私の許へとすっとんできて、スポンと腕の中に収まった。
猫は、目を閉じて、全身と頭を甘えるように私にすり寄せ、私はただひたすら、腕の中の猫を抱きしめてその小さな頭にみずからの頬をすり寄せていた。
(猫アレルギーの私が実際にそんなことをすれば、顔から手から、蕁麻疹のように発疹だらけになって真っ赤に腫れ上がり、大変なことになるのは必至である)

そしてそんな抱擁から一転、私はいつのまにか、おそらくは自室と思われるが、照明を落とした暗い部屋のベッドに横になっていた。
閉じていた目をそっと開けて横を見ると、少し離れた場所に伏せて、じっと私を見ている娘と目が合った。

生前のように感情を全開にすることなく、ただただ、静かで穏やかな眼差しが私を見つめている。

……ああ、ちゃんといるな。

私はなんだか妙に安堵したような、満たされた気持ちでそう思った。
すると、娘はそんな私の心を読んだようにゆっくりと立ち上がり、ベッドに横になっている私の足下までやって来ると、寄り添うようにその躰を丸めて眠りについた。そして私もまた、娘のぬくもりとわずかに寄りかかる重みに心地よさと幸せな気分を味わいながら、深い眠りへと落ちていった。

その幸せな気持ちがくっきりと残ったまま目覚めた朝。

これまで一度も娘の夢を見ることがなかった私は、なぜ突然あんな夢を見たのだろうと不思議に思った。
でもまあいいか、と仕事に出掛け、その日も帰宅すると夜は早めに就寝。
そして横になった瞬間に気がついた。

その前日が、娘の二度目の月命日だったことを。


その週が始まるまで、私は常にその日を意識していた。
だが、なぜか不思議と週が始まった途端にそのことが頭からすっぽりと抜け落ち、ひたすら早く寝るばかりの日々。

なんとなく腑に落ちたような、そうでもないような……(笑)

けれど、それ以降もなんとなく、左の足首から脛にかけて感じた娘のぬくもりと重みを思い出しては、あたたかい気分になっている。


蛇足だが、今朝、家族は娘に顔中を舐め回されて目が覚めたそうである。
「もう! 休みの日なんだから、もう少しゆっくり寝かせてよ!」
と言ったそうだが、結局6時には起きる羽目になったのだとか。

どうやら、主の感傷的な気分に反して、まだまだ元気かつ気儘に遊び回っているようである(笑)

  42290006.jpg
                      「てへぺろ
関連記事

ワンコ記事 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2014-10-12 らんぽ&ひなた [URL]

まずは娘さんのご冥福を慎んで、お祈りします。
突然のことで気持ちの整理がつかないという、心痛な想いはお察しします。
霊感があるとかないとかに関わらず、ヤンチャでオチャメな彼女はきっと、ずっとはるか身近な場所で、そっと見守り続けてくれるはずですよ。

編集

Re: きっとそうですよね

2014-10-12 ZAKI [URL]

らんぽくん&ひなたさん

ご来訪くださりありがとうございました。
娘は大型犬に多い心筋症という病気を発症していたようなのですが、この病気は娘のように事前になんの兆候もなく、突然倒れ、急逝して始めてわかることが多い病気なんだそうです。
獣医さんにそう説明されて、そうか。そういう病気だったのか……と思う反面で、それでも何かしら気づいてやれることがあったのではないか、もっともっと気をつけてやれることがあったのではないかと自責の念に駆られることしばしでした。
共に過ごせる時間の大切さをつくづく痛感するこの頃です。
それでもこうしてほんのときたま、娘の気配を身近に感じられるのは嬉しいことです。
もっとも、鈍感な私と違って、そういう方面に敏感な家族のほうに娘はしばしばちょっかいを出しに出没しているようですが(笑)


ひなたさんとらんぽくんの大切な時間がこれからもゆっくり穏やかに続いていくことを心からお祈りしています。
ここのところ寒暖差が激しい陽気が続いていますので、どうぞくれぐれもご自愛ください。
あたたかなお言葉、本当にありがとうございました。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://seiyashi239.blog99.fc2.com/tb.php/692-83ed3dfb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

自作小説公開先

-完結済み-
 『地上に眠る蒼穹
   ~Celeste blue~』
(SF)
  ・カクヨム版
  ・小説家になろう版
  スピンオフ
   『金の鳥 銀の鳥』
 『神の棲む島』(ファンタジー)
  ・横書き版(小説家になろう)
  ・縦書き版(novelabo)
 『夢一夜~幽明に咲く花~』
       (ファンタジー)
 『異空の盟約 うつし世の誓い』
       (ファンタジー)
 『ショコラ・ノワール』(恋愛)

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ペットブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。